おむつ外しトレーニングは◯◯が大事

32歳社会人男性です。

子どもは3歳の娘と1歳の娘がいます。

今回させて頂くのは3歳の娘のおむつ外しのお話になります。

3歳というと、周りの同年代の子達も半々くらいでおむつが外れている子がいるということをよく耳にします。

うちの娘もトイトレを2歳ちょっとくらいから始めたのですが、いろんな工夫をしてみました。

ご褒美のシール

これは割りと多用に使える方法なのですが、100均でも良いので可愛いシールを選ばせて、購入します。

うちの娘は動物さんのシールが大好きなので、動物さんのシールでやってみました。

トイレトレーニングシール

初めはトイレに行きたくなる前に、私達親に報告をしてもらう様にします。ちゃんとトイレの報告ができたら、カレンダーにご褒美のシールを張ります。

これを慣れるまでやってみます。勿論できない時もありますので、これを決して叱らない事が大事です。「次は頑張ろうね」と応援してあげましょう。

これに慣れてきたら、トイレでできる様になったときも同様にシールを張ってあげると良いですね。

シールが貯まったらご褒美、というのもモチベーションになるかもしれませんね。私にも、仕事頑張ったらシール、貯まったらご褒美のビール、というわけにはいきませんか。。

□好きなキャラクターのパンツを買ってあげる

これも、履く本人に選ばせても良いと思いますが、好きなキャラクターのパンツを買ってきましょう。

自分の大切にしているパンツは汚したくないと考えます。

パンツは、パットをしていてもお漏らしをしてしまうと汚れてしまいます。

慣れないうちはどうしてもお漏らしをしてしまうので、洗濯が大変かとは思いますが、諦めずに頑張りましょう。

必ず、慣れます。ちなみに、うちの娘は可愛い熊タンのパンツを汚さない様に頑張ってくれました。

□難しいのはうんち

オシッコはできる様になりました。しかし難しいのはうんちです。

これは私達もかなり頭を悩ませたのですが、どんなに事前に報告を上げるようにお話しても、事後報告をしてきます。

そんな中で、気づいた事がありました。

必ず同じ時間に、同じ場所に隠れてしている」ということです。

このタイミングを見つけて、隠れてしているとこを抱き上げてトイレでさせます。

うんちはトイレでするものということを教えてあげましょう。

□最後に

おむつ外しはこれで完了ですね。

失敗しても叱らない事、トイレですることの楽しさを教えてあげることが大切ですね。